櫻井会計事務所 HOME > 事業承継

事業承継

事業引き継ぎの準備を始めたい方

お客様の現状を分析・把握を行い、事業承継の最適な手法と
準備について、ご提案とサポートをいたします。
当事務所では、事業承継の準備を始めたいとお考えのすべてのお客様に、これらの最新法制を踏まえ、最も適した手法をご提案いたします。
事業承継を円滑に行うためには、後継者の選択・教育に始まり、取引先・従業員への対応という「ヒト」対策 自社株をはじめとする事業用資産の承継という「モノ」対策 事業承継に必要な相続税・贈与税等の「カネ」対策 といった対策を総合的に行う必要があります。 

特に相続税・贈与税等の税負担は、自社株などの事業用資産を移転するタイミングによって何倍もの差が生じる可能性があり、相当の時間をかけて慎重にかつ計画的に実行する必要があります。事業承継対策への早期の着手が、事業承継の成否を分けるといっても過言ではありません。

ご子息へ引き継ぎたい方

ご子息へ事業と資産を引き継ぐ際は、以下の2点が重要になります。
社長としての経営権の引き継ぎ方
個人の相続財産でもある会社の株式の引き継ぎ方
【1】につきましては、自分は一線から退くか、それとも数年は後継者と共に経営を行っていくのか、また、
【2】の株式については、後継者に引き継ぐ方法として、株式を一度に渡すのか、それとも年数をかけて渡すのか、また株式を後継者に直接的に渡すのか、それとも間接的に渡すのかなど、様々な方法が考えられます。それぞれの方法により、実行する時期や負担する税金も異なってきますし、また、将来発生する相続税も異なってきます。
そこで、弊社では、現在の会社の経営状況等を踏まえ、さまざまな事業承継・資産承継のパターンの中から、最善の方法により、お客様の支援をしていきたいと考えております。